メッセージ完全子会社化

介護事業の拡充図る
損保ジャパン日本興亜ホールディングス(東京都新宿区)は3月1日、メッセージ(岡山市)の普通株式公開買い付けを行い、完全子会社化した。
連結の対象とする見込み。
グループの内部統制の仕組みや企業の不正行為の防止と競争力・収益力の強化を図る体制を導入することにより、リスク管理能力や事故対応能力の向上を図る。
また、ICT(情報通信コミュニケーション)先端技術の研究・導入や教育研修の充実などによる事業運営で経営基盤をサポートしていく方針。
同社介護・ヘルスケア事業のSOMPOケアネクストでは7000名以上の従業員数と354億円の売り上げがある。
メッセージはそれらを上回る1万8000人近くに上る従業員と789億円の売り上げを持つ。
今回の子会社化で収益の柱にしたい狙いがある。
広報担当者は「合わせて数十億円規模の利益を期待している」と話す。

関連記事