リサイクルショップと業務提携

引っ越し料金割引で差別化
不動産フランチャイズを展開するハウスドゥ(東京都千代田区)は8日、トレジャー・ファクトリー(東京都足立区)との業務提携を発表した。
売買契約者に対し、引っ越しと不用品の買い取りを合わせて依頼できるサービス『トレファク引越』を提供する。
特典として、引っ越し基本料を20%引きし、さらに不用品の買い取り金額を10%上乗せする。
他社との差別化を図り、顧客満足度の向上を目指す。
顧客から「不用品の処分の仕方が分からず、引っ越し先に持っていった後に整理し、処分している」との声が挙がっていた。
それを受けて、総合リサイクルショップを展開し、年間約90万件・700万点以上の不用品買い取り実績を持つトレジャー・ファクトリーとの提携に至った。
加盟店には、来店者へのPRのためにサービス内容をまとめたパンフレットを配布する。
広報担当者は「今回のサービスを利用してもらえば、お客様の手間が軽減される。今後もお客様の不便さを改善できるサービスを実施したい」と話す。
同社は直営店17店舗、FC店330店舗の計347店舗(2月末時点)を全国で展開する。

関連記事