民泊物件の家賃滞納を保証

市場の健全化図る狙い
民泊転用できる物件の紹介サイトを運営するスペースエージェント(東京都港区)は、新日本信用保証(東京都墨田区)と提携し、民泊専用の家賃債務保証サービスを提供する。
民泊に特化した商品は業界初。
オーナーは、保証人のいない事業者にも、滞納リスクなく物件を貸し出すことができるようになる。
一方、民泊を運営したい借主は、物件を取得しやすくなる。双方の問題点を解消し、市場の活性化を図るのが狙いだ。
出光宗一郎社長によると、従来の家賃滞納保証は、民泊利用だと審査を通らないケース多いため、「住居として使う」と虚偽の申告をするケースがある。
「民泊市場の健全化を図る上で、専用商品の開発は不可欠」と判断し、商品を開発したという。
保証料などの具体的な商品内容については、個別対応で調整する。

関連記事