東証マザーズ市場に新規上場

関東、関西エリアで事業拡大目指す
規格住宅・戸建て賃貸住宅や、太陽光発電施設の販売を手掛けるフィット(徳島市)は11日、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。
同社は規格住宅販売のフランチャイズ事業「いえとち本舗」を展開している。
上場によって、社会的信頼性と知名度を向上することで加盟店を拡大したい考えだ。
現在の加盟は50店舗で、西日本エリアが多い。
2014年4月に東京本社(徳島市と2拠点本社体制)、15年4月に関西支社を開設し、自社販売もかねて営業を強化している。
調達資金は、住宅や太陽光発電の開発用地の仕入れに充てる。
また建材などの共同購買ができるFC事業の管理システムにも投資する。

関連記事