• HOME
  • 企業
  • ヒーローマンションFC新戦略会議実施

ヒーローマンションFC新戦略会議実施

後付けエレベータや新工法採用モデルルーム発表
賃貸マンション「ヒーローマンション」FC本部のヒーローライフカンパニー(東京都港区)は、23日に同社の栃木工場で新戦略会議を行った。
加盟店や本部関係者約50人が参加した。
今回の会議の目玉は、同社が開発した中・低層用後付けエレベーター「アトエレ」と遮音フロアーベース「ヘキサゴン」の商品発表だ。
「アトエレ」は、エレベーター本体を格納するシャフトを工場生産し、現地に運び込み設置し、その後エレベーター本体を組み込み完成させる施工法を採用。
工場生産のため、本体と設置コストを従来の3割~4割削減でき、工期も従来工法に比べて6割~7割短縮できる点が特徴だ。
新開発した「ヘキサゴン」は、遮音性能がL値50相当の高遮音を実現。
階高3m以内に抑えつつ、床下収納とスキップフロアーを実現することができる。
当日は、「ヘキサゴン」を採用した新築マンションを見学。
その遮音性や機能性を参加者が体感した。
会の冒頭で同社の日崎哲仁社長は、「変わりゆく事業環境やニーズの中で既存の技術、ノウハウをベースに新しい仕組みを活用し、事業転換を進めていく」と語った。

関連記事