エネルギー買取価格引き下げ発表

太陽光は27円から24円に
経済産業省は3月18日、再生可能エネルギーの平成28年度買い取り価格を発表した。
もっとも金額差が大きかったのは非住宅用太陽光で、昨年度の27円/kWhから24円/kWhに引き下げられた。
また、住宅太陽光は、出力制御対応機器の設置義務のないものが33円/kWhから31円/kWhに、設置義務のあるものが35円/kWhから33円/kWhにそれぞれ変更された。
なお、その他の風力や地熱、水力、バイオマスなどは価格と買い取り期間を据え置く。

関連記事