二子玉川にシェア型住居

自転車と暮らす生活発信
グローバルエージェンツ(東京都渋谷区)は5月1日から『NEIGHBORS二子玉川』の入居を開始する。
東急田園都市線「二子玉川駅」から徒歩20分のRC造4階建て全75戸。
専有部の間取りはバス・トイレ、ミニキッチン付きの1Kで広さは16.39㎡。
賃料は5万7000~7万8000円(別途、管理費1万3000円、水道光熱費は実費)。
コンセプトは『自転車と暮らす』。
多摩川から自転車で5分、二子玉川というブランド立地から、自転車で生活圏を拡大し、さらに広いエリアを満喫してもらうことを前面に打ち出した。
約200㎡の共用ラウンジに自転車を乗り入れることができるのが特徴。
広報担当者は「仕事や外出から戻ってきたとき、自転車でラウンジに寄ることで他の入居者から『どこにいってきたの?』と声をかけられ、会話を広げるきっかけにもなる」と話す。
また、20㎡ほどの屋外テラスではバーベキューなども楽しめる。
申し込みは75戸中20件ほど(4月6日時点)。
地元IT企業のインターン生が数件契約している。
3月中旬に開催した第1回の内覧会には約30人が参加し、うち10人が申し込んだ。
立地が魅力的ということで、同社の運営する他の物件から移り住むことを決めた申込者もいるという。
もともと企業の社員寮だったが利用者が減り、不動産としての有効活用として依頼が来た。
同社が展開するソーシャルアパートメントとしては35棟目。

関連記事