若年層の入居を促進

モデルルームで壁紙・床材などのカスタマイズを提案
夏水組(東京都杉並区)は7日、モデルルームとしてリノベーションした物件の内覧会を開催した。
JR線、京急線「品川」駅から徒歩4分に立つ高級マンション「品川プリンス・レジデンス」の一戸。
改装は4戸目で、今回は「ナチュラル」をテーマにした。
木目調や貝殻、サンゴ柄など、自然をモチーフにしたデザインの壁紙を多用することで、雰囲気を作り出した。
品川プリンス・レジデンスは、戸別のゴミ回収やハウスクリーニング、コンシェルジュなどの充実したサービスが好評で、長期で入居する人が多い。
オーナーは、若い世代に入居してもらいたいと、若年層や女性に人気のある夏水組にプロデュースを依頼した。
リノベーション済みの4戸のうち、2戸はモデルルームとして1年ほど使用した後、賃貸している。
今回も、一定期間が過ぎればリースで設置している家具の一部を含めて貸し出す予定だ。
入居時に、夏水組厳選の壁紙や床材などを収録した専用カタログから好みのものを選んでカスタマイズすることもできる。

関連記事