民泊事業のとまれるに3億円出資

インバウンド需要開拓が狙い
海外需要の開拓を支援するクールジャパン機構(東京都港区)は4月21日、民泊仲介サービス『STAY JAPAN(ステイジャパン)』運営の百戦錬磨(宮城県仙台市)に3億円の出資を決定した。
百戦錬磨が展開する民泊プラットフォームでインバウンド需要を開拓し、日本の観光産業の国際競争力の強化や地方創生に貢献するのが狙い。
海外向けマーケティングや運営サイトの多言語対応、訪日外国人旅行者のサービス利用拡大に向けた投資に充当していく。
出資先として選んだ主な理由は3つ。
(1)都市部での深刻な宿泊施設不足を解消し、「ホームシェアリング」に慣れ親しんだ外国人の需要を開拓するため。
(2)全国その土地ごとの特長を生かしたさまざまな民泊サービスを提供し、地方創生に貢献するため。
(3)観光産業の国際競争力を強化するためだ。
百戦錬磨は法令を順守した民泊プラットフォームの事業社としての準備を進めており、体験型民泊紹介サイト『とまりーな』などでも民泊事業の先駆けとなっている。
また、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)など複数の企業と業務提携を行っており、今後の事業展開に向けた体制が整っていると判断した点も評価した。
百戦錬磨は2020年までに『STAY JAPAN』での3万件の物件登録を目指し、利用者の半数以上が訪日外国人旅行者で占められることを期待している。
今回クールジャパン機構が出資する3億円のほか、百戦錬磨はAID Capital Holdings Limited(香港)や京王電鉄(東京都多摩市)などからも出資を受け、その合計は14億円に上る。

関連記事