レオパレス21とグリー子会社が業務提携

フィットネスクラブ利用で特典
ゲーム事業を展開するグリー(東京都港区)の子会社レッスンパス(同)は4月25日、レオパレス21(東京都中野区)との業務提携を発表した。
レオパレス21の入居者ページから専用コードを使って定額制フィットネスレッスンサービス「Lespas(レスパス)」に申し込むと500円分のAmazonギフト券が進呈される。
期間は5月31日まで。
提携先としてレオパレス21を選んだのは、全国に根差し展開している点で、今後は不動産業界との提携の裾野を広げていく。
同サービスは全国2000軒以上の加盟フィットネススタジオを初期費用なく月額定額制で利用できるもの。
会員は月額9500円で、一つの企業は月3度まで利用可能。
一般利用者には回数の制限はない。
会員数は非公開だが、昨年末の時点で女性が87%を占める。
レッスンの中には人気のヨガやピラティスのほか、乗馬やポールダンスなど500種類以上のレッスンから選べる。
一方、レオパレス21側としては付加価値を高め、他社との差別化を図る狙いがある。

関連記事