築20年のリノベーション事例を内見

オーナー向けバスツアーを開催
クラスコ(石川県金沢市)は14日、オーナー向けに物件を内見できるバスツアーを開催した。
約40人が参加した。
ツアーで紹介したのは大手住宅メーカーが建築した2DKの物件2戸で、同社がリノベーションを手掛けて入居が決まったものだ。
いずれも1LDKに変更した。
一つは寝室にある3つのクローゼットにそれぞれ色の異なるアクセントクロスを張ることで特徴を出したもので、もう一つはキッチンの腰壁にアクセントクロスを入れたものだ。
ツアーは、5年前から年1、2回実施している。
近年、空室が目立ち始めている物件には築20年以上の2DKが多い。
どうリノベーションできるのかを実際に見てもらうことで、提案につなげたい考えだ。

関連記事