全宅連会員向けシステム開始

6月1日から申し込み受付
賃貸管理のクラウドサービス事業を展開するプロパティデータバンク(東京都港区)は6月1日、一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(東京都千代田区)の会員向けにクラウドサービス「全宅管理業務支援システム」の申し込み受付を開始する。
サービスには契約管理プラン、収支管理プラン、クレーム管理プランの3種類があり、会員それぞれの業務形態に合わせて選べるようになっている。
例えば仲介に特化した店舗であれば契約管理プランのみ利用することが可能だ。
そのほか、建物の状況、修繕履歴、家賃滞納状況などを一元管理することにより業務の標準化を図れる。
同協会会員はこれまで不動産基本情報の管理、法改正に適時対応した契約書作成、賃貸契約管理、請求・入金・収支管理などの業務を会員それぞれ独自で行ってきた。
利用価格には保守、サポート、システム運用が含まれており、バージョンアップなどのメンテナンスにかかる費用は不要だ。
協会は会員の業務効率化を低コストで実現し、会員数をさらに増やす狙いがあり、不動産管理に特化したシステムのノウハウのある同社にサポートを依頼した。
同社は日本生命保険相互会社(大阪市)、東京海上日動(東京都千代田区)の収益不動産などに関連するシステムや、ケネディクス不動産投資顧問(東京都中央区)、福岡リアルティ(福岡市)などのサポート実績がある。

関連記事