JAL・農協観光と体験型民泊をPR

認知度の向上を図る
民泊仲介サイト『STAY JAPAN』を運営するとまれる(東京都千代田区)は5月26日から、日本航空(以下、「JAL」、東京都品川区)と農協観光(東京都千代田区)と連携し体験型民泊のPRを開始した。
3社がそれぞれ連携し、JALの予約サイト内で特設コーナー『週末ふるさとTrip』を作り、写真や動画で紹介する。
航空チケットや民泊施設などをサイトから予約することも可能だ。 
体験型民泊とは単なる観光旅行とは異なり、一次産業を経験できる旅行のこと。
農作業や漁業など地域に根差した体験ができることが魅力だ。
サイトを通じて広く認知度を上げていきたい狙いがある。

関連記事