リフォーム希望者にローン提供

来年初頭までに貸金会社を設立
武蔵コーポレーション(さいたま市)がローンサービスの提供を開始する。
来年初頭までに貸金業の免許を取得し、グループ会社として『武蔵アセットファイナンス』を設立する予定だ。
ターゲットは所有物件のリフォーム希望者や、物件購入を予定する者だ。
独自の審査基準で、2000万円を上限として貸し出すという。
大谷義武社長は「築古物件を所有するオーナーは空室対策としてリフォームを行いたいと考えているが、金融機関から融資を受けづらい。独自にローンを提供することで、空室解消に役立てたい」と語る。
同社は収益不動産の売買を中心に、賃貸仲介や管理を行う。
現在管理戸数はおよそ7500戸。
今回のローンサービスの開始によって、不動産売買のさらなる活性化させる狙いがある。

関連記事