• HOME
  • 企業
  • ミサワホームと協働のサ高住シリーズ2棟目開設

ミサワホームと協働のサ高住シリーズ2棟目開設

鍵付きの玄関ドア設置し自宅環境を再現
介護事業を手掛けるやさしい手(東京都目黒区)は7月、サービス付き高齢者住宅(以下、サ高住)『センチュリーテラス船橋2番館』を開設する。
ミサワホーム(東京都新宿区)との共同事業として2棟目。
新京成線「滝不動」駅から徒歩10分に立つ重量鉄骨造3階建てで、33戸。
専有部は約18㎡のワンルームで、賃料は5万6000円~。
別途、共益費は3万円、月額4万8600円の食事サービスなどが付く。
特徴は、自宅での生活に近い環境づくりに配慮した点だ。
例えば、全戸に鍵付きの玄関ドアを設けるなど工夫している。
2011年1月に千葉県船橋市で1番館をオープンしており、好評だったため、同じ敷地内に増設した。
やさしい手の担当者は「入居中に介護度が上がっても、最後までケアする。できるだけ自宅に近い環境を提供することで、快適に過ごしてほしい」と語る。
ミサワホームが企画、設計、施工を手掛け、運営はやさしい手が行う。

関連記事