賃貸住宅サービス子会社 脱税容疑で逮捕

15日、仲介店舗「賃貸住宅サービス」を運営するグラート(大阪府吹田市)の子会社フェディス(大阪市北区)に勤務する従業員が、法人税1億円超を脱税したとして、大阪地検特捜部に逮捕された。
2010年から2年間で約3億5000万円の所得隠しがあったという。
特捜部によると、逮捕されたのは経理を担当する水田修容疑者と元税理士の福田多宏容疑者。
隠ぺいは同社の実質的経営者である男との共謀である可能性を示唆した。
同社の広報を名乗る男性は「所得申告の間違いについては2014年、2015年にそれぞれ当局から指摘を受け、修正を済ませていた。今になって改めて容疑をかけられたことに困惑している」と話した。

関連記事