空き駐車場を外部に短時間貸し

軒先と提携 オーナーの収益拡大を図る
東急住宅リース(東京都新宿区)は7月4日、管理物件の空き駐車場を時間単位などで貸し出すサービスの提供を開始した。
4月に空きスペースのシェアサービスを行う軒先(東京都目黒区)と業務提携を結んだ。
東急住宅リースに管理を委託しているオーナーは、空いている駐車場をマッチングや予約管理の機能を持つサイト『軒先パーキング』で、一般利用者に貸し出すことができるようになった。
登録や利用料金の設定はオーナー自身が行うが、場合によっては東急住宅リースが代行する。
掲載料は無料で、貸し出し料の一部を手数料として軒先に支払う。
全日本駐車場協会によると、国内のコインパーキングなど一時利用できる駐車場は、自動車100台あたり6台分しかないという。
オーナーが所有する稼働率が低い駐車場を、短時間・短期間で貸し出すことで、オーナーの収益を向上させたいと考えている。

関連記事