まちこえに1億円出資

家賃債務保証のCASA(東京都新宿区)が、入居者管理ITシステムを構築、販売するまちこえ(東京都渋谷区)に1
億円を出資した。
まちこえは、インターネットを使い入居者情報の管理や管理業務の支援サービスを賃貸管理会社向けに提供している。
主力サービスの『Palette(パレット)』は、管理会社と入居者の双方が情報を共有できることが特徴で、入居者による地域情報の発信によりコミュニティ形成を促す機能を持つ。
6月には、引越しに関わる手続きを一括で行う新サービスも開始した。
まちこえのシステム開発能力を高く評価したCASAが出資を決めた。
今後は家賃債務保証サービスを組み合わせたITサービスを2社で開発することも検討している。

関連記事