仲介事業を分社化

年度内に新店舗出店を計画
約1万2000戸を管理するGood不動産(福岡市)はこのほど、仲介事業を分社化した。
新設会社はGood Life(グッドライフ)福岡で、「新会社の社名は、地域や顧客に生涯寄り添う企業を目指したいと名付けた」と牧野修司社長は語る。
各事業の専門性を高め、意思決定の迅速化が狙いだ。
また、分社化によって事業責任者や管理職のポストを増やし人材の育成につなげたい考えもある。
新会社は本店に加え、市内の直営3店舗と、FC1店舗を管轄する。
福岡市営地下鉄空港線沿いや、自社管理物件が多い天神・博多地区を候補地に今年度中に新店を出す。

関連記事