学生マンション事業に着手

神奈川県藤沢市に1棟目を竣工予定
ホテルやシェアハウスの企画・運営を手掛けるUDS(東京都渋谷区)は19日、学生マンション事業に着手すると発表した。
学生を確保するために、寮整備に取り組む大学や専門学校などの教育機関が増加していることを背景に参入する。
1棟目は『湘南台学生レジデンスプロジェクト』で、神奈川県藤沢市で2018年2月に竣工予定だ。
10階建ての158室で、近隣住民や学生が利用できるカフェアイベントスペースを設ける。
今後は地域の遊休不動産を用途変更した学生マンションや、大学と提携した留学生向けの賃貸マンションなど多様な物件を提供していく方針だ。

関連記事