シェアハウス開発事業に参入

1Rとの複合物件をプロデュース
収益不動産販売や管理を手掛けるラ・アトレ(東京都港区)がシェアハウス事業に参入した。
ワンルームとシェアハウスを複合した賃貸住宅『RooF(ルーフ)明大前』を東京都杉並区にオープンした。
京王線「明大前」駅から徒歩13分、4階建てでワンルーム9戸、シェアハウス18戸の全27戸だ。
賃料はワンルームが9万5000円から、シェアハウスが8万3000円からで共益費も含む。
プライベートを確保しつつ、他者と交流したいというニーズに応えた。
屋上に、すべての入居者が利用できる交流スペースを設けている。
プロジェクターを設置して映画鑑賞ができ、ゆったりとくつろげるイスも設えた。
脇田栄一社長は「投資物件として、ワンルームだけ、シェアハウスだけにするよりも、両者を組み合わせることで長期的に安定した収益が見込める」と語る。

関連記事