学生向け賃貸、ソフトサービスで差別化

学生情報センターは入居者ページ開設
学生情報センター(京都市)は4月26日から、学生入居者向けのマイページを開設した。
パソコンやタブレット、スマホからアクセスでき入居者の賃貸借契約書や家賃請求明細などを確認することに加え、入居学生限定の特典や割引を利用できるようになっている。
同社の管理マンション入居者約3万2000人が対象だ。
入居者の保護者もマイページを確認することができる。
現在9社と提携。
新聞の購読割引や、東急不動産グループの東急ハンズのネット通販や店頭での購入の際に支払いが5%オフになる。
また、同社がこれまで行ってきた、健康相談や人間関係の悩みの相談を電話で受け付けるサポートサービスなどの連絡先もサービスごとに分かるようになっている。
経営管理本部経営企画部広報室の寺田律子氏は「リクルートスーツや成人式用衣装のレンタルなどのシーンでアパレル会社との提携など、入居者がより充実した学生生活を送ることができるよう提携先を広げていく予定だ」とコメントした。

関連記事