レンターズ親会社に吸収合併

不動産会社向けシステムサービスを提供するレンターズ(東京都千代田区)は10月1日、親会社のLIFULL(旧ネクスト、東京都千代田区)と合併する。6月20日に開かれた取締役会で決まった。
 存続会社はLIFULLで、レンターズは解散する。ポータルサイトに広告を一括掲載するコンバートやオーナーへの提案・報告業務を効率化するCRMなどのサービスはLIFULLが継承する。
 合併によって、技術基盤の安定化や、新技術の導入を進めていくという。レンターズでは、全国の約1300店舗にサービスを導入している。

関連記事