ハウスドゥが沖縄に3店舗目

日本2位の人口増加傾向を受け出店
不動産フランチャイズ事業を展開する東証一部上場のハウスドゥ(東京都千代田区)が直営店舗を管轄するハウスドゥ住宅販売は22日、沖縄県に那覇店、那覇新都心店に次ぐ3店舗目となる『ハウスドゥ! コザ中央店』をオープンした。
直営店17店舗のうち売買仲介を行う3店舗を沖縄県に集中して出店するのは、沖縄の人口・世帯数の増加率が東京に次いで全国2位という結果が出ているからだ。
また、住宅着工件数が2年連続で増加していることからさらにサービスエリアの拡大を図る狙いがある。
なお、不動産売買事業は2017年3月末時点で売上高55億7400万円で全体の128億6100万円のうち約43%を占める。

関連記事