IoT対応の家電操作機器を発売

エアコンの電力消費量も可視化
スマートハウス機器の開発・製造を行うリンクジャパン(東京都港区)は、スマートフォンで家電を簡単に操作でき、エアコンの稼働状況の可視化するスマートリモコン『eRemote Pro(イーリモートプロ)』を12月に発売する。
スマートリモコンは、テレビやエアコンなどの各種家電の操作を赤外線によって可能にするIoT機器。Wi-Fi 環境があれば、スマートフォンで家中の家電を一括で遠隔操作することができる。
従来のスマートリモコンは外出先から遠隔操作をしても実際指示通りに動いているかを確認することができず、ユーザーから「スマートフォン上で稼動が確認できるようにしてほしい」という声が上がっていた。そこで同製品は本体に電流センサーを内蔵しエアコン横のコンセントに差し込む形状にすることで、スマートフォンからエアコンの動作状況を確認できるようにした。また、エアコンの電力消費量もスマートフォンから確認できる。
出荷開始は12月を予定しており、値段は1万5000円前後になる予定だという。

関連記事