ブロックチェーンの実験着手

ポータルサイト運営のLIFULL(ライフル:東京都千代田区)は24日、ブロックチェーンを活用し不動産情報を共有する実験を開始した。
ブロックチェーンの仕組みをつくるテックビューロ(大阪市)とコンサルティングを手掛けるカイカ(東京都目黒区)と共同で行う。使用するブロックチェーンシステムは、テックビューロの『mijin(ミジン)』。
ブロックチェーンとは、さまざまな場所に散在しているコンピュータ上の情報を共有し、情報の正確性を向上させるシステムのことだ。例えば、ひとつの物件の立地や築年数、構造などの情報をレインズやライフルホームズなどに登録した場合、入力者が違えば登録される内容も全く同じ情報にならない可能性がある。しかし、ブロックチェーンを活用するとひもづけられたサイトは同じ情報を共有できるようになる。
このようなシステムが、不動産業務上で活用していくことが可能なのか、情報の正確性は担保されるのかなどの検証を行い、実用化が可能なのかをそれらから判断する。

関連記事