宅建業者が過去最高の景気を実感

公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(東京都千代田区、以下全宅連)は8月29日、第6回不動産市場DI調査を行い、7月1日時点での土地価格の実感値が調査以来最も高い数値となり、7回連続でプラスとなったことを発表した。
DI(Diffusion Index:ディフュージョン・インデックス)とは、景気の拡大を示している指標の割合をいう。同会では不動産市況のDI調査を四半期ごとに行っている。7月4~17日で全宅連モニターに対しインターネットで、不動産取引価格や調査月から3カ月後の見通しについてのアンケートを行った。有効回答数は353。
6回目となる今回は、3カ月前と比べて実感値で10.2Pに上昇となり、3カ月後の予測数値も全ての地域でプラスとなった。
地域別で比較すると、北海道・東北・甲信越地区が10P、関東地区7.7P、中部地区6.8P、近畿地区18.3P、中国・四国地区0P、九州地区20.2P。前回と同様、ほぼどの地域でも前回よりもプラスとなり、特に近畿、九州圏の値が高かった。
また、東京オリンピックの開催による不動産市場への影響についての調査も行った。その結果、約65%が開催に向けて不動産市場は拡大するが、その前後に市場が悪化すると回答した。

関連記事