自社商材で一棟新築

建材メーカーのサンワカンパニー(大阪市)がプロデュースした5階建て賃貸物件『Elegance Villa(エレガンス・ヴィラ)』が1日に入居を開始した。
7月15日に開いたモデルルーム見学会で全9部屋に入居申し込みがあり、完成間際には1部屋に3組のキャンセル待ちもあったという。
同社は物件の企画提案や内装・外装のコーディネートを行った。建材だけでなく、システムキッチンやトイレ、浴槽などの設備には自社製品を採用。シンプルなデザインが特徴で、統一感のある仕様になっている。
天井はコンクリートの打ち放しで、水回り部分や浴室の壁にも同じ柄のパネルとタイルを設置。
全部屋ロフト付きの5~7畳のワンルーム。高い天井が特徴で、床から2.6m。ロフトから1.3mの高さがある。
場所は東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅から徒歩10分。家賃は7万1000円~8万2000円だ。入居者は7割が女性だ。
同社では新築物件のコンサルティング事業を手掛けており、同物件は4件目。同社管理部広報マーケティング課の矢頭ユミ氏は「内装や建材のデザインが入居の決め手になっている」と話した。

関連記事