自動チェックインサービス提供

民泊専門の業務効率化システムを開発するmatsuri technologies(マツリテクノロジーズ:東京都豊島区)は10月1日から、ホテルや民泊施設で本人確認とチェックイン業務を自動で行うサービス『m2m check-in(エムツーエムチェックイン)』の提供を開始する。
サービス提供の対象は民泊事業者。施設側には、Wi-Fi環境と、カメラ機能のついたタブレットが必要となるが、オンライン上で行うことが可能なため、フロントを無人化することが可能になる。


ホテルでも特区民泊でも、訪日外国人のチェックインの際は、パスポートの人物と実際の宿泊者が一致するかなどの確認業務が義務付けられている。さらに、チェックインした宿泊者の氏名や住所、旅券番号など、正確な情報をリスト化しなければならない。
パスポートの写真と本人が一致するかの確認は目視で行うが、宿泊者が提示した正確なパスポートの情報の保存は自動で行われる。リスト化したものはプリントアウトすることが可能だ。同社が提供する運営代行やメッセージ代行サービスの利用者数拡大につなげることが目的のため、会員登録や使用料は無料。チェックインの目視による確認サービスを同社に依頼する場合は、1件につき300円となる。
吉田圭汰社長は「人件費削減や業務効率化につつながるサービスなのでぜひ利用してもらいたい」と話した。

関連記事