犬種限定の賃貸を開発

犬との暮らしをプロデュースするONE BRAND(ワンブランド、東京都渋谷区)とミサワホーム多摩支社と地主のウテナ産業(東京都武蔵野市)は6日、共同で犬と共生できる賃貸物件を開発するプロジェクト『吉祥寺に、この犬と住む』を立ち上げた。
第一弾は、『フレンチブルドックと住む家』で、犬種を限定した戸建て賃貸を企画する。年内の完成を計画している。


ペット飼育できる賃貸物件が増える中で、付加価値の高い住空間を提供するため、犬種ごとに異なる特性や習性、弱点を考慮した内装や設備が整った物件を供給していく。
監修はフレンチブルドックの専門雑誌『BUHI』で、実際にフレンチブルドックの飼い主の要望を取り入れていく。

関連記事