税理士とコンサルが新会社設立

税理士法人レディング(愛知県名古屋市)と不動産会社向けにコンサルティングなどを行うファルベ(東京都中央区)は『税理士法人ファルベ不動産』、『ファルベ不動産』の2法人を設立。9月12日の事業戦略発表会に100人超が参加した。


新会社はオーナーが所有する不動産の価値を最大化し円滑な資産承継をするために不動産会社および税理士のサポートを事業とする。
事業戦略発表会では、はじめに公認会計士・税理士佐藤信祐事務所の佐藤代表が「本当に使える!不動産M&A」を講演。つづいて税理士法人レディングの木下勇人代表、ファルベの石川真樹代表が登壇し、不動産の組み換えで収益が改善し相続対策になることや、相続税対策として不動産流通を促していくことを発表した。木下代表は「不動産の有効活用、相続税財産評価が分かる企業として不動産会社や税理士と協業を図りたい」と話す。

関連記事