関係者に限定した駐車場の時間貸し

空きスペースのマッチングサイト『スマートパーキング』を運営するシード(愛知県名古屋市)は、高級賃貸や分譲マンションの入居者や来客者限定のサービスを構築。9月27日から提供を開始した。


入居者や、入居者の家族、友人などユーザーを限定して、有料でマンションの来客者用駐車場や空き駐車場を貸し出すことができるというもの。空いている駐車場の不正利用を防ぐと同時に、利益を生み出すことができる。吉川幸孝社長は、「管理会社から『空き駐車場を貸したいが、マンションの入居者や関係者に限るなど利用者を限定できないか』と依頼があり開発した」と経緯を話す。
入居者や来客者が空きスペースに駐車する場合には『スマートパーキング』のアプリでパスコートが発行され、入力すると利用することができる。
一方、管理側は駐車スペースにカラーコーンを置き、アカウントを管理するだけで運用できる。

関連記事