福井県鯖江市で連携協定

福井県鯖江市、鯖江商工会議所、LIFULL(ライフル:東京都千代田区)、楽天LIFULL STAY(東京都千代田区)が16日、連携協定を結んだ。鯖江市内の地域経済の活性化を目的に、空き家利活用をしていく。
中心市街地で空き家・空き店舗が増加している鯖江市では、市内への移住・定住を促進することで、地域課題の解決に取り組んできた。
今回の連携協定では雇用や観光需要の創出し、空き家・空きテナントの有効活用を進めていく。


ポータルサイトを運営するLIFULLは、各自治体が持つ空き家の情報を集約する「LIFULL HOME’S 空き家バンク」を活用し、鯖江市の空き家情報を集め全国に発信する。また、空き家を活用しサテライトオフィスを開設。クリエイターの育成や、キッズスペース付きのオフィスとして使い、子育て中の女性の雇用を創出する。
楽天グループで民泊事業を行う楽天LIFULL STAYは、民泊に関する知見を生かし、空き家を民泊施設として運営するモデルケースつくり、民泊施設への転用・運営支援、集客・マーケティング支援を行う。観光面から鯖江市の地域活性化に貢献する狙いだ。
協定内容には、空き家や遊休不動産の活用に関わる事業開発、資金調達などの支援も含まれている。

関連記事