家主親子が事業承継対策を語る

がんばる家主の会(大阪市)は10月21日、毎月恒例の勉強会を開催。名が来場した。
第1部では、IT技術を使ったサービスを提供するスマサポ(東京都豊島区)大阪オフィスの塚本純司部長が登壇。スマートフォンアプリで解錠し、鍵を取り出すことで空室時の犯罪を防ぐ『スマサポキーボックス』や共用部の電気代を削減する『スマサポでんき』の導入事例を紹介した。


第2部ではイマジネーションカラーズ(大阪市)の二宮恵理子代表がインテリアカラーについて話した。
第3部では同会員の下田桂子氏、祐樹氏親子が登壇し「下田親子、賃貸物件経営の格闘プラスビルの事業承継」をテーマにこれまでの歩みや、所有物件を満室にする工夫を、親子それぞれの目線で赤裸々に語った。

関連記事