建物再生の視察イベント開催

老朽化ビルの再生や再生手法の普及に取り組むNPO法人福岡ビルストック研究会(福岡市)は6~12日、福岡県内で『Fukuoka DIY リノベ WEEK 2017』を開催した。
入居者が室内を自ら改修する『DIYリノベーション』を用いて、築古の住宅やシャッター街になっている商店街のテナントに入居を促し、建物やまちの活性化に取り組む現場をツーリズム的に見学ができるイベントだ。
今年の会場は福岡市、久留米市、柳川市、大牟田市、大川市など11拠点。新たに柳川市で解体予定だった古民家を100人以上がDIYに参加して改修した宿泊施設『柳川ゲストハウスほりわり』が加わった。
イベント開期中の1週間で延べ300人ほどが参加、関西からは大阪府宅地建物取引業協会中央支部の会員26人が1泊2日で視察に訪れた。各会場を回り、改修費用や耐震問題などについて関心を示していた。一般社団法人日本不動産経営協会の菅完治氏も会場に足を運び、「以前見た1階テナントが進化していて驚いた。各地域の取り組みを参考にしたい」と語った。


12日には久留米市内でメーンイベントとなるシンポジウムを開催。
11拠点の取り組みを紹介した。廃虚と化した建物にクリエイターを集めた福岡市博多区の『リノベーションミュージアム冷泉荘』、地元の芸術工学部に通う学生が運営やリノベーションの企画施工を行う同南区の『WIlleto88’S garage(ハチハチガレージ)』、シャッター街となった商店街でフリーマーケットのような市民参加型のイベント企画に取り組む『大牟田ビンテージビルプロジェクト』などだ。
基調講演では、関東学院大学客員教授で、チームネットの甲斐徹郎代表が「外環境を活かし暮らしを変えるエクステリアDIYのすすめ」を講演。その後、国土交通省の民間まちづくり活動促進事業に採択されたまちづくりに関わる人材を養成する「筑後ほとめきカレッジ~まちづくりプロジェクトマネージャー実践養成講座」の計画について説明した。
最後に関連イベントとして開催している熊本や鹿児島の活動内容を紹介。DIYリノベーションによる建物とまちの再生が九州に広がりをみせている。

関連記事