民泊・簡宿をブランド展開

楽天(東京都世田谷区)と楽天LIFULL STAY(楽天ライフルステイ:東京都千代田区)は11月29日、民泊・簡易宿所向けのブランド『Rakuten STAY』の提供と、民泊運営代行サービスを協業で開始することを発表した。同日から法人の受け付けを開始した。個人事業者の受け付けは年明けを予定している。
法人・個人の不動産オーナーに対し、楽天が『Rakuten STAY』のブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、民泊運営のコンサルティングを担う。部屋のデザイン監修、施工管理、各種手続き、集客、鍵渡しや清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して代行する。賠償責任保険が付帯している点が特徴だ。事業者は楽天が提供するブランドで民泊が行えるため、社会的信用を得ることや認知度向上が期待できる。また一定の水準の設備やアメニティを備えることで、クオリティを高め単価アップも見込める。


楽天LIFULL STAYでは、民泊仲介サイト『Vacation Stay(仮称:バケーションステイ)』の開設も予定している。不動産オーナーの収益を最大化させることを目的としているため、他社サイトへの掲載やマンスリー賃貸との併用運用も行う。
ブランド貸与や運用代行の費用は非公開で、売り上げや利益の数%だという。
楽天LIFULL STAYに出資する、不動産ポータルサイト運営のLIFULL(東京都千代田区)では、リフォーム事業を行うLIFULL Remodel(ライフルリモデル)や、すでに取引があるリフォーム会社1000社のネットワークを活用し民泊施設への改修工事をサポートする。また、改修費用を募るクラウドファンディング事業にも着手し、社会問題となっている空き家の解消にも貢献していく考えだ。
楽天LIFULL STAYの太田宗克社長は「グループ会社が提供しているサービスを活用し、安心安全な民泊事業を推進したい」と語る。

関連記事