2棟目のガレージハウス着工

近鉄不動産(大阪市)は同社2棟目となるガレージハウス『近鉄☆プレミアムガレージハウス藤井寺』を大阪府藤井寺市で建設する。12月に本体工事を着工、来年7月に竣工予定だ。
同物件は近鉄南大阪線「土師ノ里」駅から徒歩11分の場所に位置する。また、「西名阪道藤井寺I.C」には車で2分、大阪府を南北に縦断する「大阪外環状線」は車で1分と頻繁に車を利用する人には大変好立地だ。軽量鉄骨造り2階建て全4戸で、1階部分は33㎡の駐車スペースが並ぶ。一つあたり幅6m×奥行約6mで、車2台の駐車が可能だ。
同社は2016年1月にガレージハウス1棟目となる『近鉄☆プレミアムガレージハウス東大阪弥刀』をオープンした。周辺相場から約6万円高い12万5000円で賃料を設定しており、車好きの男性を中心に現在も満室で稼働している。入居者からは「車やバイク、趣味のアイテムに囲まれて生活することができる」など好評価を得たため、2棟目の計画に至った。


また、共同企画として首都圏に86棟、大阪府で3棟のガレージハウス供給実績があるバリュープランニング(東京都調布市)と提携。同社HPのガレージハウス物件一覧に掲載することで、入居者の募集を行っている。
ガレージハウスは用途が住宅であることから、建築制限の厳しい第1種低層住居専用地域でも建築可能でありオーナーに対して幅広い土地活用ニーズに対応できる点も魅力。同社広報担当の仲谷俊亮氏は「今後は、土地の有効活用策としてオーナーに提案していきたい」と話す。

関連記事