4棟で南欧の街並みを演出

ポラスグループのポラスグランテック(埼玉県越谷市)は、南欧風の街並みをイメージした4棟21世帯の賃貸住宅『CHOCOLAT(ショコラ)』を建設し、12月上旬より入居を開始する。21戸のうち19戸が成約済みだ。
場所は埼玉県戸田市、JR「北戸田」駅から徒歩16分。同物件は美しい街として有名なフランスのフラヴィニー村にオーナーが訪れた際に感銘を受け、賃貸住宅でこの美しい街を実現したいと考えたことから同社との共同プロジェクトが発足。


4棟のコンセプトはそれぞれ「城門」「時計台」「カフェ」「カントリーハウス」。棟が囲む中庭は、石畳調のスタンプコンクリートを採用。街路灯も設置し、南欧の雰囲気をかきたてた。駅から離れた場所のため個性的で魅力のある建築をした。また、間取りは2LDKメゾネット、2LDK、ワンルームなど多様なライフスタイルに対応できる。
同社広報は「物件はもともと1600㎡の駐車場だった敷地。一般的な設計であれば25~30世帯の賃貸住宅を建てられたが、長期安定経営を目指して長く住みたいと思ってもらえる住宅を建築した」と話す。

関連記事