成功ノウハウを共有

不動産コンサルティングを手掛けるクラスココンサルファーム(石川県金沢市)は4日、東京都江東区のユナイテッドシネマ豊洲で不動産会社向けイベント『ReTechFES(リテックフェス)』を開催した。
業務改善や業績向上に成功した企業を表彰し、そのノウハウを共有する目的。空き家をDIY可能賃貸借契約でクリエイターの活動拠点として街づくりをするomusubi不動産や、管理業務のアウトソースで効率的な経営を進めるキュピを表彰し、その選定理由を公開した。同社が展開するリノベーションブランド『リノッタ』や業務効率化ソフトなどを利用する加盟店の中からも、優れた業績を残した企業や社員を表彰した。リノッタで、改修後の家賃増額率や受注件数、粗利額、クオリティの高い写真などの項目で活躍をたたえた。


また今後の事業展開を発表。同社では不動産管理業務を人気の職種にするというビジョンを掲げ、人材教育や業務効率化、リノベーションのブランディング強化に取り組んでいく。
新たな施策として、E-ラーニングシステムを連動させた社内大学の創設や、業務効率化ソフトの提供とバージョンアップ、IoTを利用した入居者にとって安心で便利な生活を提供する商品ブランド『Robotta(ロボッタ)』の構築など計画を発表した。
小村典弘社長は「『人生、楽しい人』を増やすことをコンセプトにし、共感した人が集まるような商品開発をさらに進めていく」と語った。当日は、全国から不動産会社社員が200人参加し、同社最大規模のイベントだった。

関連記事