不動産情報サイトと業務提携

一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会(以下:大阪宅建協会)は、不動産情報サービス事業を行うLIFULL(ライフル:東京都千代田区)と不動産情報サイトにおいて11月28日より業務提携を締結した。
大阪宅建協会に加盟する約8500社の不動産業者は、LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」(ライフルホームズ)に物件の掲載が可能になる。同サイトに登録することで、周辺物件の家賃相場状況や、物件のURLを発行することができる。


大阪宅建協会はこれまで、同協会が運営する不動産情報サイト『ハトマークサイト』にて賃貸・売買物件を掲載していたが、一般消費者からの利用頻度の低さが問題となっていた。今回、国内最多の掲載数を持つ「LIFULL HOME’S」と提携することで、不動産流通の円滑化を図る。また、LIFULLは業者間ページの掲載を無料にすることで、新たなユーザーの獲得を狙いとしている。
大阪宅建協会の尾久土治副会長は「会員業者が広告宣伝に対するハードルを下げることで、不動産流通の更なる活性化を期待したい」と話す。

関連記事