仮想通貨で家賃決済

シノケン(福岡市)は12日、オリジナルの仮想通貨『シノケンコイン』の発行を発表した。
スマートフォンアプリの開発も進め、今後は入居者がアプリ上でシノケンコインを使い、家賃や電気、ガスの支払いができるようにしていく。
現在、仮想通貨市場は成長し、その規模は30兆円にまで広がっているという。
仮想通貨を使った決済サービスの利用も進み、コインチェック(東京都渋谷区)の決済サービスは飲食店など4000店舗以上で導入されている。だが、仮想通貨を使い家賃を払う仕組みは賃貸業界でも珍しい。


クレジットカードによる決済で不動産会社が現金を預かるリスクを減らす動きが出ている中、シノケンは仮想通貨を新たなサービスとして活用していきたい考えだ。
シノケンは7月にブロックチェーン技術開発会社のChaintope(チェーントープ:福岡県飯塚市)と資本業務提携し、ブロックチェーン技術を生かした不動産サービスの開発を進めてきた

関連記事