松井証券と提携

不動産に少額投資する事業を手掛けるロードスターキャピタル(ロードスターC:東京都中央区)は、松井証券(東京都千代田区)との業務提携を17年12月15日に発表した。ロードスターCは、クラウドファンディングサイト『Owners Book(オーナーズブック)』を運営し、開始から3年弱で会員数が1万人を超えた。松井証券は老舗だが、ネット証券にも強みを持つ。
まずは1月下旬から松井証券のサービスサイトでオーナーズブックの紹介を行う。今後は顧客が両社のサイトで作る証券とクラウドファンディングの口座間での資金の移動をしやすくする予定だ。


ロードスターCは、松井証券の会員限定の投資案件の組成も検討。松井証券との連携でさらに顧客を拡大していく。
マイナス金利政策で、預金による金利が見込めない中、手持ちの資金で資産形成をしていきたい20~40代の層が、ネット上での株式や少額不動産への投資に目を向ける。
不動産プロジェクトに資金を貸し付け、利益を出資者に還元すLIFULL(ライフル:東京都千代田区)も参入を表明しており、さらに広がるだろう。

関連記事