「TATERU」へ社名変更予定

収益用アパートの提案・建築・賃貸管理までアプリ上で行うことができるサービス『TATERU(タテル)』の開発・運営を行うインベスターズクラウド(東京都港区)は4月1日、「TATERU」へ社名変更する。2017年12月14日の取締役会で決議し、3月27日の株主総会で承認された後に行う。
独自性やわかりやすいメッセージを発信することで企業の存在価値を高める戦略であるコーポレート・アイデンティティを一新し、ブランドを統一し事業強化を図ることが社名変更の狙い。


同社は事業名『TATERU』の名称でテレビCMなど広告展開を行っており、問い合わせを受けた際に「タテルさん」と呼ばれることもあったという。
同社は12月期の営業利益70億円を視野に入れ事業展開をしていくという。担当者は「不動産テック企業として成長し、企業価値を向上させていく」と話した。

関連記事