民泊の許可取得が可能かを判定

民泊管理ツールを提供するマツリテクノロジーズ(東京都豊島区)が2017年12月25日、建物ごとに民泊・簡易宿所の許可を取ることが可能なのかを診断するウェブサイト『民泊・簡宿適法チェッカー』を開設した。診断できる地域は東京都内のみとなる。


民泊運営を検討する建物の地域や構造、平米数などから診断。結果は180日以下の新法での民泊登録か、日数制限のない簡易宿所の許可取得で始められるかで示す。設備が不十分な場合もその旨を表示する。
吉田圭汰社長は「合法で運営する事業者が増えていってくれれば」と話した。

関連記事