家賃保証会社、破産へ

家賃債務保証会社のアペックスグループ(兵庫県姫路市)は2017年12月19日、破産の手続きの申し立てを行った。弁護士によると負債総額は約1億円。
同年10月10日に債権者である管理会社に対し、「新規申込数が減少して業績不振となり代位弁済できない。今後は、弊社は、督促業務は行うが、未払い家賃は滞納者が直接管理会社に支払うように変更する」との通知書が送られた。ほかに「今後も営業を継続していくことに変わりはない」との記載もあった。
だが、その1カ月ほど前から「送金ミス」を理由にした代位弁済送金の遅延が発生していたという。地元管理会社の間では「そろそろ破綻するだろう」と信用不安が広がっていた。
同年12月19日、不動産会社に送られた破産申し立てに関する通知書には、「約600社(人)に対し、総額で約1億円の債務を負担し、明らかに債務超過状態にある」と記されていた。


また、家賃滞納者が同社に入金した回収済みの家賃は、一部管理会社に支払われていない模様。従業員の給料は、2017年11月分と12月分が未払いだという。
昨年末に事務所を撤退したが、店舗やWebサイトに破産についての案内はない。
10以上前から姫路市を中心に家賃債務保証業を行っていた同社。当時、兵庫県西地区には大手を含めたライバル企業は少なく、利用する不動産会社も多かった。
しかし、数年前から大手や同業他社の参入により新規契約の獲得が難しくなっていた。
それに加え、人材教育の不備から従業員の退職が相次ぎ、組織が機能できなくなっていたとみられる。
本紙では10月の通知書送付の直後より、独自取材を進め、同社栗田毅社長にもインタビューしていた。その詳細については15日号で取り上げる。

関連記事