事業承継の勉強会開催

不動産会社向けに勉強会を企画するクレシオ(千葉市)は18日、事業承継の勉強会を開催し、全国から不動産会社経営者10人が参加し、熱心に聴き入った。会場は宅都の東京オフィス。
徳島県で約6000戸を管理するシティ・ハウジング(徳島市)の松田比呂紀社長が登壇。同社は2017年12月1日、持ち株会社制に移行。社員が会社の株を保有することで経営者意識を持ってもらい、社長になる社員を育てる仕組み作りについて伝えた。
また、事業承継分野で第一人者の外園淳税理士(愛知県名古屋市)が講師として参加し、税制などについて解説。参加者との活発な意見交換が行われた。
クレシオの木村勉社長は「地方の40代社長も複数人来ていた。高収益企業が多い業界であるからこそ、単に事業承継税制を使うだけでなく、企業の汎用性、多様性を確保した事業承継対策を早いうちに打っておく必要がある。その学びの場を提供することで業界全体を盛り上げていければ」と語った。
30日には大阪市内で同様の会を行う予定で、すでに定員は満員になっている。

関連記事