人気駅1位は赤羽駅

オウチーノ(東京都港区)は6日、同社の住宅・不動産サイトのアクセス数をもとに「2017年、人気の高かった駅・沿線ランキング」の「賃貸/首都圏編」を作成。首都圏の人気駅第1位は「赤羽駅」だったと発表した。沿線ランキングは、「JR山手線」が第1位だった。
人気駅1位の赤羽駅については、JR埼京線、京浜東北線など6路線が利用できる利便性を持ちつつ、家賃が比較的抑えられた住みやすさを理由として挙げた。17年4月に東洋大学赤羽台キャンパスが開校し、若年層の人気を集めたとしている。
2位の「荻窪駅」は、新宿や吉祥寺にもアクセスしやすいJR中央線に加え、東京メトロ丸ノ内線の始発駅で、朝のラッシュ時に新宿や霞ヶ関、大手町方面へ座って通勤することができる。
3位は神奈川県で唯一ランキング入りした「武蔵小杉駅」で、都心へのアクセスが良好で、広々とした駅前はタワーマンションや学校が作られるなど開発が進みますます便利になった。
沿線ランキング1位の「JR山手線」は不動の人気で、「駅にはこだわらないが、とにかく便利な山手線沿線に住みたい」と考える人からのアクセスが伸びている状況を指摘した。2位には「東急東横線」が、16年のランキング圏外から急浮上した。大きな商店街がある「武蔵小山駅」や、子育て世代から支持を得る「武蔵小杉駅」などがあり、都心から近いうえ、庶民的な駅も多く、穴場な路線として注目を集めた。


次いで3位は「JR中央線」。人気駅ランキングでも「荻窪駅」「吉祥寺駅」「三鷹駅」と沿線から3駅がランクインしている。ショッピングやグルメが楽しめ、沿線には「明治大学」「成蹊大学」などの学校も多数あり、一人暮らしをはじめ賃貸ニーズが高い路線となっている。

関連記事