女性活躍認定企業に選定

岩手県盛岡市を中心に5900戸を管理するアート不動産(岩手県盛岡市)は16日、岩手県による「いわて女性活躍認定企業」に選定された。2社のうちもう1社は北日本銀行だった。
アート不動産の授賞理由は、女性社員の割合の高さ、育児休業率が14年連続で100%であること、子育てによる時短勤務を認めている点、女性役員が在籍していることが評価された。
女性社員は、この2年で62.9%から69.4%まで増えてきたが、出産後もほぼ全員が復帰している。同社では、妊娠した女性社員に、面接を行い育児休業復帰後にどのような仕事がしたいかをヒアリングしている。櫻井大介社長は「一人一人の要望に沿えるように融通をつけるようにした」と話す。
全社員63人のうち、女性社員は42人おり、そのうち15人が子育てのため時短勤務だ。ミーティングの際にも「女性の活躍する職場で、子育て中の社員が頑張ってくれている」と経営者として話題を持ち出すことで、「育児しながらも働いていける会社である」と感じられる雰囲気づくりを心掛けてきた。


「女性の役員もおり、将来のキャリアを考えてもらえる」(櫻井社長)。「親子2代で働いてもらえる会社作り」を目標に掲げて、女性が働き続けたいと思える社風を醸成している。

関連記事