ネットで民泊施設の資金調達

楽天LIFULL STAY(東京都千代田区)とクラウドリアルティ(東京都千代田区)は21日、クラウドファンディングを活用した宿泊施設の開発と供給に関する業務提携に合意したと発表した。クラウドリアルティが提供する不動産クラウドファンディングサービス『クラウドリアルティ』を活用することで、物件の取得やリノベーションにかかる資金を調達。
楽天LIFULL STAYが物件の選定、設計・施工会社へのデザイン監修、施設の運用代行を行う。
クラウドファンディングの活用により、今まで資金調達の選択肢が少なかった空き家や遊休不動産などの利活用資金を少額投資で集めやすくなり、地域の再生や、宿泊市場の活性化に貢献。日本全国の物件を対象に、取得した物件のタイプに応じて、『Rakuten STAY(ラクテン ステイ)』のサブブランドを冠した宿泊施設として展開していく。
提携第一弾として3月中に、京都市内の町家を対象とした京町家再生プロジェクトへの出資の募集を開始する予定。対象物件を取得した後、『Rakuten STAY』のブランドで、楽天LIFULL STAYが宿泊施設の運用代行を行う。
『Rakuten STAY』は、民泊・簡易宿泊所向けに、ブランディングと運用代行を行うサービス。楽天が不動産オーナーに『Rakuten STAY』ブランドを提供し、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して代行を行う。


利用者はどこでも一貫したコンセプトに基づいた設備、アメニティーグッズの利用や付帯サービスを受けることができるようになる。民泊を利用したことがない客層にも安心して民泊や簡易宿泊所を利用してもらえる環境を整える。
今後は一軒家、古民家、アパート、マンションなど、一部屋型から一棟型のものまで、施設ブランドに応じたサブブランドを展開する。

関連記事