東急不動産初の学生賃貸

東急不動産(東京都港区)は15日、初となる学生レジデンス『CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)椎名町』の入居を開始した。
2016年にM&Aした学生向け賃貸住宅管理の老舗である学生情報センター(京都市)との共同事業。土地の仕入れ・開発は東急不動産が担当。管理・運営は学生情報センターが行う。
西武池袋線「東長崎」駅から徒歩7分の場所に立つ6階建て167戸の大型プロジェクト。特徴はセキュリティの高さや栄養価の高い食事の提供により、親が安心して子どもを預けられるハード、ソフトサービスの充実だ。セキュリティーは、エントランス、階ごと、居室の3カ所に設定してある。1階の食堂では、朝・夕の2回、管理栄養士が考えた健康的な食事メニューを月1万7000円で提供する。
入居者同士のつながりができるよう、フロアごとに22~50㎡の共有ラウンジを設計。北欧、パリ、バリ、米西海岸、ニューヨークなど異なるコンセプトのデザインで個性を出した。ソファーや大型キッチンを備え、入居者同士や友人を呼んでのミニパーティーも開けるスペースになっている。
専有部は11.56~12.87㎡で、シャワースペースか浴室とトイレを設置、机やベッドの家具付きだ。共有のランドリーもあるため、入居者は家具や家電を買わずにすぐに入居できる。家賃は5万5000~7万7000円、別途共益費1万8000円で、周囲の新築と同等の価格設定だという。


「内見に同行した母親から私が住みたい、との声が上がっており好評」(学生情報センター広報担当)
ほぼ全戸で入居が決まっている。管理を行う学生情報センターは今後、地域と連携したイベントや入居者学習なども検討中だ。
首都圏での新築マンションの供給が鈍る中、学生市場は、留学生の増加や女子の進学率上昇により微増傾向にある。学生市場を取り込み、グループでの成長を図る。
京都市でも19年完成の学生レジデンス開発について発表しており、毎年数棟ペースで開発を行っていく。

関連記事